【介護保険】とは?その種類や支払いの注意すべきポイント!

生活

「介護保険とか聞くけど、
正直なところ良くわからないな?」

「介護保険の種類や支払いなどを
わかりやすく説明してほしい!」

あなたの悩みを私が解消します!

 

 

「介護保険とか聞くけど、
正直なところ良くわからない?」

「介護保険の種類や支払いなどを
わかりやすく説明してほしい!」

など、今さら聞けないあなたの悩みを解消します。

お気づきのことと思いますが、
介護が必要になったときのために
40歳から税金を納めていますよね。

それが、
『介護保険』です。

この記事を最後まで読んで頂くことで、

・「介護保険」とは
・「介護保険」の種類
・「介護保険」の支払い

など、注意すべきポイントを含めて理解できる様になります。

【介護保険】とは?その種類や支払いの注意すべきポイント!

それでは、「介護保険」について、

①そもそも介護保険とは?
②「介護保険」の種類
③「介護保険」の支払い

の順番で説明します。

そもそも介護保険とは?

「介護保険」とは、介護が必要になったときに、費用の一部を負担することでさまざまな介護保険サービスを利用できる『社会保険』の一種です。

狭い意味での『社会保険』は、
「健康保険」、「介護保険」、「厚生年金」の3つを合わせたものを言います。

その中の「介護保険」は、
高齢化と長寿命化が急激に進んだことから、2000年に導入され20年が経ちました。

厚生労働省「介護給付費等実態調査」などによりますと、

・75歳~79歳:7.5人に一人
・80歳~84歳:3.5人に一人
・85歳以上 :1.7人に一人

要介護や要支援に認定されているのです。

介護が長期にわたると、費用面でも大きな負担がかかりますから、その負担を軽減するための制度なわけです。

介護の費用例ですが、
住宅改造や介護用ベッドを一時的に購入したとして80万円かかったとします。
そして、
毎月の費用が約8万円として、
平均介護期間は約59ヶ月ですから、

80万円+8万円✖59ヶ月 = 約546万円

かかることになり、大きな負担となるわけです。

その負担軽減するための仕組みは、主に

・保険者(市区町村)
・被保険者(40歳以上の方)
・介護サービス事業者

の3者から成り立っており、私たちは被保険者(40歳以上の方)になります。

なお、
「健康保険」及び「厚生年金」については、別の記事で書いていますのでどうぞご参考にしてください。
『「健康保険」について知りたい!【種類・加入・保険料】はどうなっているのか?』
『国民年金と厚生年金の制度の違いや支払いはどうなっているのか?』

解かりにくい税金の「住民税」については、こちらをどうぞ!
『住民税は、いつ、いくら支払っているのか!』

「介護保険」の種類

『介護保険』の種類には、
「第1号被保険者」「第2号被保険者」
2つ
があります。

下の図を見てください。

介護保険では、
サービスを利用できる人(被保険者)
「年齢」で区分されています。

65歳以上(第1号被保険者)と、
40歳から64歳の医療保険加入者(第2号被保険者)です。

「第1号被保険者」は、
要介護認定または要支援認定を受けたときに介護保険のサービスを受けることができます。

その際、
介護が必要となった原因は問いません

一方、
「第2号被保険者」は、
16個の特定疾病が原因で要介護(要支援)認定を受けたときにのみ、介護保険のサービスを受けることができます。

★注意すべきポイント
逆のことを言いますと、第2号被保険者は、
16個の特定疾病が原因で無ければ介護保険のサービスを受けることが出来ないことになります!

『16個の特定疾病』は、次のとおりです。

1 末期がん
2 関節リウマチ
3 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
4 後縦靱帯骨化症
5 骨折を伴う骨粗鬆症
6 初老期における認知症
7 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
8 脊髄小脳変性症
9 脊柱管狭窄症
10 早老症
11 多系統萎縮症
12 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13 脳血管疾患
14 閉塞性動脈硬化症
15 慢性閉塞性肺疾患
16 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

「介護保険」の支払い

介護保険料は、いつからどのようにして支払うのでしょうか?

基本的には支払いにおいて、特別な手続きはいりません。

下の図を見てください。

40~64歳は、健康保険の一部として給料から天引きされます。

なお、
40歳になる誕生日の前日から介護保険料の納付が必要となるため、誕生日が月初めの1日の人は、誕生月の前月から引かれます。

そして、年金受給年齢(65歳)になると、
「介護保険料」という名目で支払うことになります。

第2号被保険者から第1号被保険者に変わるタイミングですね。

年金受給開始年齢である65歳以上で、
年間18万円以上年金を受給している場合には、基本的に「特別徴収」での支払いになります。

年金支払いの2カ月ごとに、年金の額から天引きされます。

もう一つの
年金受給額が年18万円以下の場合
また、
年金の「繰下げ受給」を選択した場合には、
「普通徴収」での支払いとなります。

「普通徴収」は、納付書によって、
役所や銀行、コンビニなどで納付するか、
口座振替を利用することになります。

介護保険のまとめ

今回は、

『【介護保険】とは?その種類や支払いの注意すべきポイント!』

と題しまして、

「介護保険とか聞くけど、
正直なところ良くわからないな?」

「介護保険の種類や支払いなどを
わかりやすく説明してほしいな!」

というあなたの悩みに、

①そもそも介護保険とは?
②「介護保険」の種類
③「介護保険」の支払い

の順番で答えました。

その際、

「注意すべきポイント」ですが、

介護保険サービスは、
65歳以上であれば、要介護・支援の判定を受ければ、その原因を問わず利用できる。

65歳未満の場合は、原因が「16の疾病」以外では介護サービスを利用できない。

そして、

年金受給年齢になると、健康保険から切り離され「介護保険料」という名目で支払いが始まる。

保険料を払い続けることで「被保険者の資格」を得られる。

ことも説明しました。

なお、
「健康保険」及び「厚生年金」については、別の記事で書いていますのでどうぞご参考にしてください。
『「健康保険」について知りたい!【種類・加入・保険料】はどうなっているのか?』
『国民年金と厚生年金の制度の違いや支払いはどうなっているのか?』

解かりにくい税金の「住民税」については、こちらをどうぞ!
『住民税は、いつ、いくら支払っているのか!』

最後まで読んで頂きありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました