自衛隊の「階級の上がり方」(昇任)はどうなっているのか?【自衛隊OBが解説】

自衛隊

自衛隊の「階級の上がり方」
って、いったいどうなっているの?

毎年、昇任試験があって、
合格すればどんどん上がれるんでしょうか?

という疑問に対して、陸上自衛隊OBの私がわかりやすく説明します。

基本的に『昇任試験』があるのは、

①士長から曹、つまり
「3曹」に昇任する時

②陸曹から幹部、つまり
「3尉」に昇任する時

③幹部がさらに上級の
「2佐」以上を目指す時

ですので、
毎年、昇任試験があるわけではありません!

それでは、
どうやって階級は上がっていくのでしょうか?

自衛官にとってはネタバレ注意的な面もありますが、この記事を読むことで階級が上がって行く仕組みが解かります。

どうぞ、今後の参考にしてください!

自衛隊の「階級の上がり方」(昇任)はどうなっているのか?

ここからは、私が陸上自衛官でしたので、
あくまでも「陸上自衛隊」での話になりますので、ご理解ください。

なお、『昇任試験』につきましては、

②陸曹から幹部、つまり
「3尉」に昇任する時

③幹部がさらに上級の
「2佐」以上を目指す時

というように幹部自衛官になるための結節の試験があります。

つまり、ある程度自衛隊での生活をして、「幹部自衛官」以降の話となります。

『幹部自衛官の階級』につきましては、別に記事を書いていますので参考にしてください。
⇒『『幹部自衛官』の階級はどのように上がるのか?「3尉」昇任後の道』

そこで今回は、

✅士長から曹、つまり「3曹」に昇任する時
✅3曹後どうやって階級が上がっていくのか

にしぼって説明しますね。

「自衛官」になるためには、18歳以上33歳未満の方が「候補生試験」を受験して、『採用』される必要があります。

ボーナスなど別に記事を書いていますので、参考にしてください。
『【2022年】自衛隊の給料・ボーナスはどれくらいもらえるのか?』

階級章について

「階級」についてわかりやすくするために
「階級章」の図を示しますね。

※「防衛省ホームページ」引用

さて、
自衛官として『採用』された以降の話をします。

「2士」から「3曹」まで

『一般曹候補生』の場合です。

「2士」で入隊 → 半年で「1士」
→ 更に1年で「士長」
→ 更に1年後の曹昇任試験を受験
→ 試験に合格すれば、入隊最短2年9か月
「3曹」になります。

 

次に、『自衛官候補生』の場合です。

候補生で入隊 → 教育を受け3ヶ月で「2士」
→ 半年で「1士」→更に1年で「士長」
→ 更に2年後の曹昇任試験を受験
→ 試験に合格すれば、入隊最短3年9か月
「3曹」になります。

 

最短で「3曹」になることは、正直、至難のわざです。

同じ年度の人を『同期』をいい、
その同期の中で成績上位の5%弱の隊員が昇級することを、「1選抜」と呼びます。

 

平均的には、入隊から5~6年程度、
最長で7~8年程度です。

「3曹」から「2曹」

「3曹」から「2曹」に昇任するのは、年々難しくなってきています。

『陸曹教育隊』という「3曹」に昇任する直前に行く学校での成績が、それ以降の階級に大きく影響します。

『同期』達とは知識・体力・気力を競うことになりますので、若い内に『陸曹教育隊』に行った方が有利と言えるでしょう!

 

「2曹」昇任は、
最短の1選抜で3年9か月、
最長だと約12年くらい
かかります。

昇任するには、当然、
『陸曹教育隊』での成績だけでは無く、
「3曹」に昇任してからの普段の勤務評価が大切です。

「2曹」から「1曹」

「2曹」から「1曹」に昇任するのも大変です。

『陸曹教育隊』での成績及び
「2曹」に昇任してからの普段の勤務評価が影響するだけではありません。

その他に、
「2曹」に昇任したら行く『中級陸曹教育』での課程教育の成績も影響します。

 

「1曹」昇任は、最短でも6年
最長では約18年
かかります。

40代で「1曹」になれれば、優秀な自衛官と言えるでしょう!

体力検定がギリギリ通過で、

「来年はヤバいかも…」

「自分自身で身体を鍛えよう!」

と考えている方は、こちらをご参考にしてください。
⇒『【朗報】ぽっこりお腹、凹まない原因を知ってムリせずに解消!
⇒『腹筋を鍛えるヨガポーズ!プランクでめざせシックスパッド!

「1曹」から「曹長」

「1曹」から「曹長」は、本当に狭き門となります。

 

「曹長」昇任は、
『陸曹教育隊』『中級陸曹教育』だけではありません。

「1曹」に昇任したら行く『上級陸曹教育』での各教育課程の成績と普段からの勤務評価、そして、
中隊長等の信頼が厚くなければ中々なれません。

体力検定が不安で、身体を短期間で締めたいという方は、CMで名高いこちらをどうぞ!
⇒『【ライザップ】キャンペーンあり

「曹長」から「准尉」

「曹長」から「准尉」となれば、さらに狭き門となります。

同期トップクラスの成績最優秀者でなければなかなかなれません。

 

「准尉」昇任は、少し特別で、
『最先任上級曹長』という制度ができてからは、成績優良が当たり前で、さらに
部隊長からの絶大な信頼が必要となっています。

小まとめ

以上、

自衛隊の「階級の上がり方」(昇任)について説明しました。

おわかりのとおり、なかなか一つ上の階級に上がることは難しいのが現実です。

 

しかし、次の階級に上がれないからと
態度に出したり、
腐ってはいけません!

辛抱して、コツコツと業務をこなしてください。

 

嬉しさは、後にきっと来ますから!

そこで、ちょっとしたアドバイスです。

知識をつけるために、そして、
上司から良い印象を得るには、

「読書」

一番のおすすめです。

 

しかしながら、

「そんなことは解かっているよ!」

という方もいると思いますし、

さらに、

・読みたい本はたくさんあるけど読む時間がない
・毎日の休憩時間を有効に使いたい
・本は目が疲れてしまう

という方もいると思います。

その様な人に、
新しい読書の形としておすすめなのが、
オーディオブック」「耳で聴く本」なのです。

私も通勤時間を使って活用しています。
2冊聴けばもとは取れてしまうから…
オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

 

最後に

今回は、
『自衛隊の「階級の上がり方」はどうなっているのか?』
と題しまして、

「自衛隊の階級の上がり方って、いったいどうなっているの?」
「もしかして、毎年、昇任試験があって、合格すればどんどん上がれるんでしょうか?」

という疑問に対して説明しました。

「自衛官」にとって、
『昇任』『昇給』というのは、
かけがえのない喜びであり、
自信であり、
将来へのやる気
となりますからね。

体力検定がギリギリ通過できないとか、
お腹周りが気になっているという人は、こちらをどうぞ!

⇒『LINEで受けるNo.1ダイエット指導-プレズ<Plez>
⇒『【ライザップ】キャンペーンあり!

これからも、自衛隊を応援していきます!

タイトルとURLをコピーしました