【陸上自衛隊】入隊前に知りたいこと!部隊、職種、階級、給料、休暇

自衛隊

「陸上自衛隊について、いろいろ知りたいな!?」

「近所に自衛隊があるけど、何をしているのかな?」

などと陸上自衛隊に関して、さまざまな疑問はあると思います。

もう少し具体的には、

「陸上自衛隊の主要な部隊はどこにあるの?」

「近所に自衛隊があるけど、何の部隊で、仕事(職種)は何してるの?」

「階級について解かる様になりたいな!」

「階級によって給料は違うのでしょう!いくらもらえるの?」

「よく演習や訓練に行っているけど、休暇はどうなっているの?」

という疑問や悩みについて、今回は、
部隊、職種、階級、給料、休暇について、陸上自衛隊OBの私が解かりやすく説明します。

【陸上自衛隊】部隊、職種、階級、給料、休暇について知りたい!

 

陸上自衛隊について知りたいと思う人へ、自衛官のイラスト

それでは、

・主要部隊の配置は?
・職種、仕事は何をしているの?
・階級はどうなっているの?
・給料やボーナスはいくらもらえるの?
・休暇はどうなっているの?とれるの?

について、一つ一つみていきましょう。

陸上自衛隊の主要な部隊はどこにあるのか?

陸上自衛隊は、「陸上総隊」を頭に、5つの「方面隊」から成り立っています。

そして、それぞれの方面隊には、2~4個の「師団」や「旅団」があります。

 

方面隊や師団・旅団という「主要な部隊配置」及び「師団や旅団の違い」及び「部隊規模の概要」についても説明していますので、こちらをご覧ください。

『陸上自衛隊の方面隊・師団・旅団の主要部隊配置を自衛隊OBが解説』

陸上自衛隊の仕事は何してるのか?

「近所に自衛隊があるけど、何の部隊で、仕事は何してるの?」
とご質問を頂くことがあります。

確かに、都心から地方まで、ほぼあらゆるところに自衛隊の駐屯地(基地)があり、

いったい、仕事は何をしているのか?

と疑問を持たれるのも解かります。

陸上自衛隊では、おおまかに、

・第一線で敵と戦う仕事、
・圧倒的な火力で敵をやっつける仕事、
・道路を作ったり、川に橋を掛けたりする仕事、
・大きな組織(部隊)との間のシステムや通信を確保する仕事、
・敵の情報をつかむ仕事、
・後方で色々な支援をする仕事、

などの仕事があり、その仕事のことを職種と呼んでいます。

職種は16個もあり、それぞれ何をしているのかについて、こちらで説明していますのでご覧ください。

『陸上自衛隊の仕事(職種)には、どんなものがあるのか?』

自衛隊の階級はどうなっているのか?

先ほどの説明で、「部隊」のこと「職種」のことがお解かり頂けたと思います。

自衛隊は、『国を守る!』という崇高な任務があります。

事に臨んでは、危険を顧みず身をもって職務の完遂に努める覚悟

を自衛官一人一人、持っています。

 

しかしながら、

いろいろな部隊や職種があり、組織として行動するからには、部隊を統制する上で、
「上下関係」及び「指揮系統の格付け」が必要になります。

「階級が必要な理由」、実際の「階級章」「役職」については、こちらで説明していますのでご覧ください。

『自衛隊に「階級が必要な理由」、「階級章」と「役職」』

 

また、

「入隊してから階級がどのようにして上がっていくのか?」

については、「階級の上がり方」をこちらで説明していますのでご参考にしてください。

『「幹部自衛官」の階級はどのように上がるのか?「3尉」昇任後の道』

『自衛隊の「階級の上がり方」(昇任)はどうなっているのか?』

給料・ボーナスはいくらもらえるのか?

「自衛官になった場合、初任給はいくらもらえるのか?」

「それぞれの階級で、いくらもらっているのか?」

について説明します。

 

自衛隊の給料は、毎年、変化します!

なぜかと言いますと、民間と国家公務員の給与水準をあわせる目的で、「人事院勧告」が行われるからです。

現在の自衛隊(自衛官)の平均年収は、
640万円との事ですが、あくまでも平均であり、十数年経たないとこの金額にはなりません!

なお、「給料」の他に、「ボーナス」が年に2回もらえます。

「給料やボーナス」については、こちらで説明していますのでご覧ください。

『自衛隊の給料・ボーナスはどれくらいもらえるのか?』

休暇はどうなっているのか?

自衛隊の休暇の種類は大きく分けて、
「年次休暇」「病気休暇」「特別休暇」
の3つがあります。

そして、

比較的、まとまった休暇が取りやすい

と言えます。

ゴールデンウイーク、お盆、年末年始に、
訓練や演習で貯まった「代休」や「有給休暇」をくっつけて、まとまった休みがとれる様に部隊内で工夫しています。

「休暇」については、こちらで説明していますのでご覧ください。

『自衛隊の休暇は取りやすいの?どれくらいの期間取れるのか?』

まとめ

 

今回は、

『【陸上自衛隊】入隊前に知りたいこと!部隊、職種、階級、給料、休暇』

と題しまして、

・陸上自衛隊の主要な部隊はどこにあるの?
・陸上自衛隊の仕事は何してるのか?
・自衛隊の階級はどうなっているのか?
・給料・ボーナスはいくらくらいもらえるのか?
・休暇はどうなっているのか?

について、陸上自衛隊OBが説明しました。

 

「陸上自衛隊の主要な部隊はどこにあるの?」

においては、陸上総隊5つの方面隊及び主要な部隊配置について、
また、部隊規模の概要について説明しました。

 

「陸上自衛隊の仕事は何してるのか?」

においては、16個の職種があり、おおまかに、

・第一線で敵と戦う仕事、
・圧倒的な火力で敵をやっつける仕事、
・道路を作ったり、川に橋を掛けたりする仕事、
・大きな組織(部隊)との間のシステムや通信を確保する仕事、
・敵の情報をつかむ仕事、
・後方で色々な支援をする仕事、

などそれぞれの職種で何をしているのかについて説明しました。

 

「自衛隊の階級はどうなっているのか?」

においては、「階級が必要な理由」、実際の「階級章」と「役職」について説明し、

また、

入隊してから階級がどのようにして上がっていくのか?

の疑問に対しては、入隊してから階級がどのようにして上がっていくのかを説明しました。

 

「給料・ボーナスはいくらくらいもらえるのか?」

においては、
現在の自衛隊(自衛官)の平均年収は、
640万円である事
それぞれの階級における「給料」がいくらもらえるか及び「ボーナス」が年に2回もらえることを説明しました。

 

「休暇はどうなっているのか?」

においては、休暇の種類及び比較的に休暇は取りやすいこと、
例えば、
ゴールデンウイーク、お盆、年末年始に「代休」や「有給休暇」を使って、まとまった休みがとれることを説明しました。

自衛官は、有事の際には家族の近くにいません!

ですので、
訓練や演習の忙しい時期をこなして来たのだから、平時で休める時は、家族と少しでも長く一緒にいれるというようなはからいがあるようです。

最後まで読んで頂きありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました