自衛隊の休暇は取りやすいの?どれくらいの期間取れるのか?

自衛隊

こんにちは、自衛隊OBのジン坊です。

新型コロナウイルスの影響で、民間会社においては、人員削減や倒産が相次ぎ、
就職及び転職先に、安定した給料が支払われる「公務員」を希望する人は確実に増加しています。

その公務員の中でも、『自衛官』を希望する人の割合が増えています。

理由は、
「災害派遣でお世話になったから自分もなりたい。」
「安定した給料がもらえるので将来が安心だから。」
「休暇が比較的取れると思うから。」
など、人さまざまです・・・

さて、ある方からの質問です。

「自衛隊は、訓練や演習がある思いますが自分の希望する日に休暇は取れるのでしょうか?」
「合わせて、休暇はどれくらいの期間まとめて取れるのでしょうか?」

この質問に対して、自衛隊OBである私、ジン坊がわかりやすく解説します。

この記事を読むことで、

・休暇は取りやすいのか?自分の希望する日に休暇は取れるの?
・自衛隊に入隊した後の休暇日数は?
・休暇はどれくらいの期間まとめて取れるのか?

が解かります。

自衛隊の休暇は取りやすいの?どれくらいの期間取れるのか?

「自衛隊イコール毎日が訓練!」というようなイメージがあるようですが、
自衛官も国家公務員ですので、『休暇』はきちんとあります!

自衛隊の休暇の種類は大きく分けて3つあります。
「年次休暇」・「病気休暇」・「特別休暇」です。

では、これらの『休暇』は、簡単に取れるのでしょうか?

休暇は取りやすいの?自分の希望する日に休暇は取れるの?

結論から述べますと、安心してください!
「休暇は、民間企業より取りやすい!」と言えます。

「休暇」は個人の権利なわけですから、事前に「休暇申請書」で申請し、
上司(中隊長)の許可を得れば、自分の希望する日に休暇が取れます!

簡単に、「年次休暇」・「病気休暇」・「特別休暇」について説明します。

まずは、「年次休暇」ですが、
民間企業でいう「有給休暇」で、仕事している扱いで休む事のできるものです。

次に、「病気休暇」ですが、
自衛官本人がケガや病気になって、やむおえず仕事ができない時に使うことができるものです。

さらに、「特別休暇」ですが、
お盆や年末年始、結婚する場合、忌引きの場合、配偶者が出産する場合などの他、
裁判員裁判の裁判員に選出された場合
災害による被災地へのボランティア活動に参加する場合
なども定められた日数を取得できます。

自衛隊に入隊した後の休暇日数は?

実は、入隊直後は、休暇日数は発生していません!
その後、1ヶ月勤務するごとに2日の「年次休暇」がつきますので、
年間で24日は「年次休暇」がもらえるということです。

さらに「年次休暇」は、年度をまたいで繰り越す事ができます
つまり、1年目の残りが15日あり、2年目の残りが20日あった場合、
3年目の4月1日には、35日繰り越しになるかというと違います。
30日以上は繰り越すことができないので、毎年年度末に消滅します。
ですので、「年次休暇」は、最大30日ということになります。

次に、「病気休暇」の期間ですが、
「治療のため勤務しないことが止む終えないと認められる必要最低限の期間」となっており、明確な期限はありません。
しかし、「仕事中以外のケガや、もともとの疾病」の場合は、90日間と定めらています。

「特別休暇」は、条件により取得できる日数は異なりますが、
毎年、夏期に3日間、冬季に6日間、連続で取得できます。

お盆と年末年始は、「特別休暇」と「年次休暇」、
さらに土曜・日曜・祭日に勤務した「代休」を合わせれば
長期の休暇を取得できるようになります。

休暇はどれくらいの期間まとめて取れるのか?

私が、結婚した時は、式の後に海外旅行にも行きましたので、
本人が結婚した場合の「特別休暇の連続した5日間」に、「年次休暇を4日間」付けて、
9日間お休みをもらいました!

では、通常、どれくらいの期間まとめて「休暇」は取得できるのでしょうか?

勤務先部隊の特徴も大きく影響しますので、
休暇の取得期間は、一概にはいえませんが、
訓練や演習が、土曜・日曜・祭日に行われたり、1週間~1ヶ月、
さらに海上自衛官が遠洋航海に出ると、半年くらい戻れない場合もあります。

つまり、暦どおりのお休みとならない場合もあるため、
ゴールデンウイーク、お盆、年末年始に溜まった「代休」を使うというのが
慣例となっています。

近年は、
ゴールデンウイークに「年次休暇」+「代休」で約2週間のお休み、
お盆に「特別休暇3日」+「年次休暇」+「代休」で約2週間のお休み、
年末年始に「特別休暇6日」+「年次休暇」+「代休」で約3週間のお休み、
を取得している方もいます。

当然の事ですが、自衛官は全員が一緒に休暇を取るわけではありません。

同僚が当直や警衛など駐屯地で勤務することで、自分が安心して休暇を取れるわけですので、感謝の気持ちを忘れてはいけません。
そして、全員がうまく勤務等を交代しながら「年次休暇」や「代休」を消化することになります。

「自衛隊、休暇長すぎでは?」
と本人または周囲の人が思うかも知れません。

しかしながら、
自衛官は、有事の際には家族の近くにいません。ですので、
「訓練や演習の忙しい時期をこなして、平時の休息の際は家族のために少しでも長く一緒にいるんだ!!」
という気持ちで、堂々と心身を休めてください。

最後に

今回は、
実際に質問がありました、
「自衛隊は、訓練や演習がある思いますが自分の希望する日に休暇は取れるのでしょうか?」
「合わせて、休暇はどれくらいの期間まとめて取れるのでしょうか?」
に対しまして、

・自衛隊に入隊した後の休暇日数は?
・自分の希望する日に休暇は取れるのか?
・休暇はどれくらいの期間まとめて取れるのか?

について説明しました。

新型コロナウイルスの影響で、就職及び転職先に、
安定した給料が支払われる『自衛官』を希望する人の割合が増えていますが、
安心して「休暇」を取れるかどうかは、気になるところだと思います。

心身を休めることで緊張の糸を緩めることができるわけで、
「休暇」は個人の権利なわけです。

しかしながら、
自衛官という『国防の任務』に付くからには、
また、『職務に従事する義務』を有する自衛官を希望するならば、
演習や訓練の度に「休暇」を申請しても許可が出ないという認識も必要です!

そして、自衛官となり、長期休暇が取得できた際は、
同僚に感謝しつつ、
家族のために少しでも長く一緒にいてあげて、心身を休めてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました