陸上自衛隊の仕事(職種)には、どんなものがあるのか?【自衛隊OBが解説】

自衛隊

自衛隊の任務は、『わが国を守る!』ことです。
陸、海、空の自衛隊がありますが、
私は陸上自衛官でしたので、陸上自衛隊について書きます。

陸上自衛隊は、国の防衛はもとより、災害派遣、国際平和協力活動で中心的な役割を担っていますので、日々、日本の平和と独立を維持するため、即応態勢を維持しつつ、教育訓練に励んでいます。

この度は、
『陸上自衛隊の仕事(職種)はどんなものがあるのか?』
というご質問がありましたので、陸上自衛隊のOBである私が、一覧表を作成しました。

わかりやすく解説していますので、この資料を読むことで
「陸上自衛隊には、どのような職種があって、どんなことを行っているのか?」
が解ります。

なお、自衛隊のOBとは言え「守秘義務」というのがありますので、
資料を作成する上で、次を参考にさせていただきました。
※参考
「陸上自衛隊ホームページ」

陸上自衛隊の仕事(職種)はどんなものがあるのか?

そもそも陸上自衛隊の仕事(職種)は何個あるのか?

結論としまして、16個の仕事(職種)があります。

大まかに説明しますと、

第一線で敵と戦う仕事、
圧倒的な火力で敵をやっつける仕事、
道路を作ったり、川に橋を掛けたりする仕事、
大きな組織(部隊)との間のシステムや通信を確保する仕事、
敵の情報をつかむ仕事、
後方で色々な支援をする仕事、

などの仕事(職種)があり、これが16個に分かれるということです。
なお、今まで、仕事(職種)と書いてきましたが、仕事=職種という概念で、
次からは、『職種』とします。

陸上自衛隊の職種にはどんなものがあるのか?

まずは、『職種一覧』を作成しましたので、ご覧ください。

左から、職種名、職種徽章(きしょう)、イメージ図、職種の仕事内容となっています。
職種名は、「○○科」というように16個の『科』に分かれています。
職種徽章(きしょう)は、制服を着た際に、左右の襟元に付けるようになっています。

他に良く聞かれるのは、
「主要部隊配置はどうなっているのか?」
「階級について聞きたいのですが?」
ということですが、
これは別に記事を書いていますので、こちらを参考にしてください。
※参考
『【2021年】陸上自衛隊の主要部隊配置はどうなっているのか?』
『自衛隊に「階級が必要な理由」、「階級章」と「役職」』



 

最後に

今回は、
『陸上自衛隊の仕事(職種)はどんなものがあるのか?』
と題しまして、解説しました。

陸上自衛隊は、16個の職種があり、大まかには、

第一線で敵と戦う仕事、
圧倒的な火力で敵をやっつける仕事、
道路を作ったり、川に橋を掛けたりする仕事、
大きな組織(部隊)との間のシステムや通信を確保する仕事、
敵の情報をつかむ仕事、
後方で色々な支援をする仕事、

などがあるという事をわかって頂けたことでしょう!

現在も自衛隊は、
「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め、
もって国民の負託に応える・・・」
ことを中核とする服務の宣誓を行い、任務を全うしています。

私も陸上自衛隊OBとして、まだまだ応援していきます!

タイトルとURLをコピーしました