『目標』と『目的』の違いは?必成と望成の目標を自衛隊に学ぶ

人生

『目標』と『目的』の

違いは何か?

そもそも『目標』と『目的』

に違いはあるの?

などの疑問を持つあなたの悩みを解決します。

私は元自衛官ですが、自衛隊では

『目標』『目的』

を完全に区分けしています。

さらに『目標』には、

「必成目標」「望成目標」

というのがあるのです。

これらの言葉を理解し、区別できる
ようになることで、ビジネスにおける計画の
立て方や進め方をスッキリさせることができ、
業務がはかどること間違いなしです。

『目標』と『目的』の違いはあるのか?

結論ですが、『目標』と『目的』には、
違いがあります!

例えば、
「3ヶ月以内に、山の頂上に立つ!」
と思ったとしましょう。

さて、
「3ヶ月以内に、山の頂上に立つ」
ということは、

目標でしょうか?

それとも、目的でしょうか?

登山で目標と目的を考える図

答えは、
「目的」です。

それでは、目的と目標の違いを
見ていきましょう。

「目的」とは?

目的は、
「何のためにするのか」
を考えると明確化できます。

目的とは、字のごとく「目」で見える「的」
のことです。

「的」という言葉だけあって、目的は
最終的な到達点ということですね。

そして、
目的をより具体化できるように目標を設定します。

「目標」とは?

目標とは、「目」で見える「標」のことです。

果たして、「的」に近づいているか?

という「しるべ」となるのが「目標」です。

昔の道なら、道祖神のように
途中に設定される「指標」のことですね。

「必成」と「望成」の目標を自衛隊に学ぶ

自衛隊において、『目標』は、さらに
「必成目標」「望成目標」
に分かれます。

必成目標は、
これだけは必ず成し遂げなければならないというものです。

何が何でも、必ず達成しなければならない目標のことですから、
一つしか設定しません。

望成目標は、
達成することが望ましい目標、つまり、
可能であればさらに成し遂げたいというものです。

達成することが望ましい目標ですから、
いくつあってもかまいません。

ただし、
なんでもかんでも列挙すれば良いわけでは
ありません。

先ほどの
「3ヶ月以内に、山の頂上に立つ」
という目的を例に考えてみましょう。

目的達成のための
「必成目標」は何でしょうか?

途中であきらめたり、下山したりすることなく
山頂に到着することです。

しかも、ここでは、期間も決めていますから、
必ず3ヶ月以内に完了する必要がありますね。

では、
「望成目標」は何でしょうか?

達成することが望ましい目標は、
山頂に到着するだけではなく、
例えば、
その場所で自然観察し100枚の写真を撮るとか
下山までに背景画を1枚書くとかですね。

ビジネスにおける『目的』と『目標』!

では、ビジネスにおいては、
『目的』と『目標』はどうなるのかを
考えてみましょう。

会社の目的は、
「社会に貢献し、持続的に利益を上げる」
ことですね。

そして、
会社は未来永劫存続する必要がありますから、
目的達成のためには、
年度目標、期目標、月間目標を掲げて
ノルマが付与されます。

目標達成のためには、
人、物、金、時間、情報等から
可能性を見出す必要があります。

会社において、
個人の「やる気」は大切です。

しかし、
今期がノルマ10本をやり切るだけで大変
だったのに、来期の目標は、

「20本だ!」

と言われたら
可能性の無い目標、可能性の無い状況に
やる気を失ってしまうでしょう。

ですから、会社側も、
優先すべき順番や失っていいものの限度
を決めておくことが大事ですね。

そして、
人間の欲望は限界が無いですから、
目標を達成した場合は、金、地位などの
名誉が与えられる会社が存続することになります。

なお、目標の立て方の具体的な方法は
こちらを参考にしてください。
『【レビュー】『ザ・コーチ』に学ぶ目標の意味と正しい立て方!』

【レビュー】『ザ・コーチ』に学ぶ目標の意味と正しい立て方!
「目標の立て方がよくわからない」「目標を立てたけど、うまく進まない」などと悩んでいる方に『ザ・コーチ』という本を紹介します。「目標の達人」になることを目的とした自己啓発書で、ストーリ仕立てになっており、読みやすくわかりやすい本です。

まとめ

DREAMJOBの右矢印の看板と青空

今回は、

『『目標』と『目的』の違いは?
必成と望成の目標を自衛隊に学ぶ』

と題しまして、

「『目標』と『目的』の違いは、何か?」

「そもそも
『目標』と『目的』に違いはあるの?」

などの疑問を持つあなたの悩みに答えました。

私は元自衛官ですが、自衛隊では

『目的』と『目標』

を完全に区分けしています。

『目的』とは、「的」のことであり、
最終的な到達点ということを説明しました。

そして、
目的をより具体化するのが『目標』の設定となり、
『目標』には、

必ず達成しなければならない目標
「必成目標」と
達成することが望ましい目標
「望成目標」が
あることを説明しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました