【超簡単】バックアップ不要!iPhoneをかざすだけのデータ移行

I T

※画像引用先:Apple

とにかく、一番簡単な方法で
データ移行がやりたい

バックアップには時間がかかるので、
バックアップなしでデータを移行したい

と考えている方向けの方法を紹介します。

結論は、『クイックスタート』です。

iPhoneを機種変更する際に、
パソコンやiCloudは必要ないうえに、
バックアップをしなくても
iPhoneをかざすだけ
古いiPhoneから新しいiPhoneへデータ移行
できます。

初めての方でも、
この記事を読んで頂くことで、

『クイックスタート』

というやり方で超簡単にデータ移行
新しいiPhoneに済ませる事ができます。

「クイックスタート」によるデータ移行

そもそも
AndroidからiPhoneに機種変更する場合には
クイックスタートは利用できません。

iPhone同士でケーブル不要でワイヤレスで
データを転送するやり方が、
「クイックスタート」です。

 

ちなみに、

iPhoneからiPhoneへ機種変更した場合の
データの転送方法
は、

①古いiPhoneから直接データ転送する
『クイックスタート』

②iCoudのクラウドにバックアップして
から転送する『「iCloud」からの転送』

③パソコンの「iTunes」を使って
バックアップしてから転送する
『「iTunes」からの転送』

の3つです。

今回は、その中のを紹介します。

クイックスタートでのデータ移行には、
「旧iPhoneから新iPhoneに直接データを転送する方法」
「iCloud上のバックアップデータをダウンロードする方法」
の2つがあります。

「iPhoneに直接データを転送する方法」は、
パソコンから取り込んだ楽曲データなども
転送でき便利です。

つまり、新旧2台のiPhoneを近づけるだけ、
まさに、かざすだけで新しいiPhoneへデータ
を直接転送できるのです。

しかし、私は、慎重派ですので
バックアップしてから転送する②か③を
おすすめしています。

特に、
Appleは、2021年9月21日に、
「iOS 15」では一時的に必要なだけの
iCloudストレージ容量を『最大3週間、無料』
で提供することを発表されました。

ちょっと心配になり、
「iCloud」のデータ移行を考えた方は、
こちらを参考にしてください。
『【朗報】iPhone13にデータ移行!iCloudの3週間無料を活用』

クイックスタートの事前準備

まず、

新しいiPhoneの電源を入れる前に、
やっておくコトは以下のとおりです。

①Apple IDとパスコードを控えておく
②新旧両端末ともWi-Fi接続できることを確認
③旧端末のBluetoothをオンにする
④最新版のiOSにアップデートする
⑤旧端末より新端末の容量が大であることを確認
⑥LINEの移行準備をする

ここで、
①から③は特に、問題ないでしょう。

「クイックスタート」は、
iOSのバージョンが「12.4以降」
である必要があります。

④のiOSのバージョンを最新版にするには、
「設定」>
「一般」>
「ソフトウェア・アップデート」
で確認しましょう。

⑤の旧端末より新端末の容量が大であることを
確認
は、当然、新端末のストレージ容量が
旧端末より小さい場合は、写真や動画などの
データを削除する必要があります。

そして、注意が必要なのが
⑥のLINEの移行準備です。

「トークのバックアップ」
「アカウントを引き継ぐ」
オンにします。

この2つのことを忘れた場合は、

トーク履歴、友だちリストやグループ、
プロフィール情報、タイムラインの内容、
LINE Pay残高などのデータを新しいiPhoneに
引き継げませんから注意してください。

iPhoneをかざしてデータ移行開始

いよいよ「クイックスタート」でデータを
移行しますね。

流れは、次のとおりです。

旧端末の電源は、入った状態であることを
確認し、2台とも電源ケーブルを接続
しましょう。

①新端末の電源を入れる
②「こんにちは」を上にスワイプ
③2台の端末を近づける
④新端末の画面に表示される青いイメージを旧端末のカメラで読む
⑤新端末に旧端末の時のパスコードを入力
⑥新端末でFace IDまたはTouch IDを設定
⑦Apple IDのパスワードを入力
⑧「iPhoneから転送」を選択
⑨利用規約に同意し、位置情報サービスをオン
⑩Apple Pay、Apple Watch、Siri、iPhone解析などの設定

設定が終われば、
データ転送が開始されます。

データ転送後にやること

交通系ICカード「Suica」や「PASMO」
Apple Payに紐づけている場合は、
SuicaまたはPASMOを削除する必要が
あります。

やり方は、古いiPhoneの「Wallet」アプリから
右上の「…」でメニューを表示させ、
「このカードを削除」をタップします。

削除しないと、
新しいiPhoneにSuicaやPASMOの残高を移行
できません。

なお、クレジットカード情報
古いiPhoneから削除しなくても大丈夫です。

新しいiPhoneに再びクレジットカード情報を
追加することが可能だからです。

ゲームアプリは、
データ移行が必要なももあれば、不必要のもの
もあります。

無料のオンラインゲームは、ゲームメーカーの
アカウントを作成・登録が必要なケースが多い
ですから、データ移行したいアプリは必ず、
事前に確認しましょう。

そして、ケースの準備がまだの方は、
耐久性の高いiPhone13Pro用ケースはこちらがおすすめです。

まとめ

今回は、

『【超簡単】バックアップ不要!iPhoneかざすだけのデータ移行』

と題しまして、

「とにかく、一番簡単な方法で
データ移行がやりたい」

「バックアップには時間がかかるので、
バックアップなしでデータを移行したい」

と考えている方に向けて、

「クイックスタート」

というやり方を紹介しました。

パソコンやiCloudは必要ないうえに、
バックアップをしなくても
iPhoneをかざすだけで
古いiPhoneから新しいiPhoneへデータ移行
できる超簡単な方法でした。

なお、
360度の覗き見防止でブルーライトカットされ
さらさら感触の液晶保護フィルムは、
こちらをどうぞ!

最後まで読んで頂きありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました