【これで解決】建売住宅と注文住宅との違い!メリット・デメリット

不動産関係

憧れのマイホーム!
でも、購入にあたってはわからないことも多いことでしょう。

「一戸建て住宅を購入するにはどうすればいいの?」

「建売住宅と注文住宅にはどんな違いがあるの?」

「建売住宅と注文住宅のそれぞれのメリット・デメリットを知りたいな!」

などのあなたの疑問や悩みを不動産会社勤務の私が解決します。

一戸建て住宅を購入するには、
大きく分けると『建売住宅』『注文住宅』の2種類があります。

しかしながら、

建売住宅に興味を持っている人も、
注文住宅に興味を持っている人も、
具体的に何が違うのかがわからないという人は多くいます。

そこでこの記事では、
建売住宅と注文住宅の違いだけではなく、それぞれのメリットやデメリットなどを紹介しますね。

併せて、建売住宅と注文住宅は、どういうタイプの人に向いているのかも解説しますので、どうぞマイホーム購入の参考にしてくださいね。

『建売住宅』と『注文住宅』の違い

それぞれの違いの概要をまとめたイメージ図を作成しましたので下図を見てください。

建売住宅と注文住宅の違いの概要をまとめた図

建売住宅は、ほとんどが完成している住宅であり、注文住宅は、自分で何もかも決める必要がある住宅となります。

それでは、建売住宅と注文住宅の違いをそれぞれ説明しますね。

『建売住宅』とは?

『建売住宅』とは、土地と建物がセットになっている住宅のことです。

建売住宅は、1区画1軒で販売されていたり、
複数区画にそれぞれ1軒ずつ販売されていたりします。

多少の変更はできますが、基本的に間取りはあらかじめ決まっているので建物が完成していなくても、建設場所と間取りさえ気に入れば購入できるのが特徴です。

土地と建物がセットで販売されていて、
特に分譲地に建設されているものを「分譲住宅」と呼びます。

『注文住宅』とは?

『注文住宅』とは、土地が無い場合でも、
土地を探した後に希望を注文して家の設計を行う住宅のことです。

何もないゼロから家を建てるので、
外観や間取りなど設計や設備について自分のこだわりどおりに注文できます。

『注文住宅』には、「フルオーダー」と「セミオーダー」があります。

「フルオーダー」は、
家に対するこだわりが強く、
「自分の思いどおりの家を作りたい。時間も予算もある。」
という人の家の建て方です。

「セミオーダー」は、
こだわりたい部分はあるけれど、そうでもないところもあり、
「細かいところは任せたい。打合せを含めて長い期間をかけたくない。」
という人にはこだわりの強い部分以外はハウスメーカーに任せる家の建て方です。

建売住宅と注文住宅のメリット・デメリット

では、建売住宅と注文住宅について、
それぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

『建売住宅』のメリット・デメリット

まずは、『建売住宅』のメリットとデメリットについて説明します。

『建売住宅』のメリット

建売住宅のメリットは、何と言っても手ごろな価格で家を購入できる点です。

その他にも、

・既に建っている(ほぼ完成予定)建物を見てから購入を決めることができる
・すぐに入居できる
・住宅ローンは土地と建物の一括で組める

点を挙げることができます。

引越し時期の設定や子どもの転校手続きなど生活設計が立てやすくなりますね。

で払えます。

建売住宅のメリットをまとめた図

『建売住宅』のデメリット

次に、建売住宅のデメリットですが、
まず間取りや仕様が決まっているので、自分の希望や思い通りの家にはできない点が挙げられます。

そして、
同じ様なつくりの家が建ち並んでいる住宅地をみたことがあると思います。

この様に、何区画かに分譲されて販売される場合は、同じ様なつくりや外観の家が建ち並ぶことになります。

さらには、価格を低く抑えるために、
市街地から離れた郊外に建っていることが多いです。

地域によっては、車が必須な生活になりますね。

建売住宅のデメリットをまとめた図

『注文住宅』のメリット・デメリット

続いて、『注文住宅』のメリットとデメリットについて説明します。

『注文住宅』のメリット

注文住宅のメリットは、何と言っても自由度の高さ、つまり、こだわりを追求できる点です。

技術的な問題がクリアできれば、法律の範囲内であればどのような住宅でも作ることができますから
完全なオリジナル住宅を建てる楽しみがあります。

こだわりの部分には思い切ってお金を使うけれど、必要のないものは徹底的にカットするというコストに差をつけることも可能です。

その他にも、
家が建っていく様の工程を自分の目で確認できる点も大きなメリットです。

途中の工事をしっかりチェックできることや出来上がっていく満足感が味わえることなどが
ありますね。

また、土地のある方は馴染みのあるその土地に、土地の無い方は希望する土地を探して、住みたい地域に家を建てることができます。

注文住宅のメリットをまとめた図

『注文住宅』のデメリット

次に、注文住宅のデメリットですが、
総じてコストが高くなる点です。

そして、
入居までには期間がかかることが挙げられます。

土地が無い場合は、土地探しから始まり、その後も家を建てるための
ハウスメーカーとの詳細な打ち合わせが必要となるからですね。

さらには、
計画通りに工事が進むとは限りませんから、入居日が予定をオーバーしてしまうこともありえます。

注文住宅のデメリットをまとめた図

建売住宅と注文住宅はどちらがおすすめ?

建売住宅は、
手ごろな価格で販売されているためか、「安かろう、悪かろう」と疑う方もいることでしょう。

安心してください!

実は、2009年10月、「住宅瑕疵担保履行法」が施行されました。

全ての新築住宅に対して、柱や壁など基本構造部分に瑕疵(欠陥)が見つかった場合には、10年間は無料で修理することになっています。

では、
なぜ建売住宅は手ごろな価格で購入できるのでしょうか?

手ごろに購入できる理由は、

・部材等を大量に仕入れて仕様を同じにすること
・あまり土地や建物が大きくないこと
・高級な材料等は使っていないこと

などが挙げられます。

なお、裏話になりますが、
建売住宅は郊外に建てることが多いため、都市部のマンションよりもお手ごろ感がないと買ってもらえないという事情があるのです。

では、建売住宅と注文住宅はどちらがおすすめなのか説明しますね。

建売住宅が向いている人

建売住宅が向いている人は、どのようなタイプの方でしょうか?

タイプ的には、

「家の外観や内部の装備にはこだわらない!」

「ハウスメーカーとのやりとりが面倒だ!」

と感じる人には向いています。

なぜなら、

建売住宅は土地と建物がセットで購入できるため、土地探しやハウスメーカーとの打ち合わせが不要だからです。

また、支払いローンが一括で済むことも便利ですね。

さらに、入居までの期間は、注文住宅と比べると相当短縮できますから、すぐにでも入居したいという人には向いています。

つまり、マイホームを手に入れる工程が簡単なので、

・やや面倒くさがり(言葉が悪くてすみません)の方
・すぐに入居を希望している方
・こだわりが無い方

にはおすすめです。

注文住宅が向いている人

建売住宅とは逆に、
注文住宅が向いている人は、どのようなタイプの方でしょうか?

タイプ的には、

「家の外観や間取り、内部の装備にこだわりがある!」

「きちんと土地を調べて、建物が建築される様子を確認したい!」

と考えている人には向いています。

なぜなら、

注文住宅は土地探しから始まり、
自分のこだわりについてハウスメーカーとの詳細な打ち合わせが必要となるからです。

マイホームを手に入れる工程や入居までの時間はかかりますが、

・こだわりの強い方
・入居までの期間に余裕がある方
・建築していく様子を確認したい方

にはおすすめです。

まとめ

今回は、

『【これで解決】建売住宅と注文住宅との違い!メリット・デメリット』

と題しまして、

「一戸建て住宅を購入するにはどうすればいいの?」

「建売住宅と注文住宅にはどんな違いがあるの?」

「建売住宅と注文住宅のそれぞれのメリット・デメリットを知りたいな!」

などの疑問や悩みを解決するために解説しました。

もう一度、「建売住宅」と「注文住宅」のそれぞれのメリット・デメリットについてまとめてみますね。

建売住宅のメリットをまとめた図

建売住宅のデメリットをまとめた図

注文住宅のメリットをまとめた図

注文住宅のデメリットをまとめた図

どうぞマイホーム購入の参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました