【不動産投資ローン】審査で落とされる人とは?落ちない対策は?

不動産投資ローン、審査で落とされる人とは?落ちない対策はあるのか?不動産関係

不動産の担保価値は充分だとしても、
誰でもが不動産投資ローンの審査を通過できるわけではありません。

そのため、ご自身で「不動産投資をやろう!」と決心しても、ローン審査で落ちてしまう人も少なからずいるのです。

そこで、

「ローン審査で落とされるのはどんな人なの?」

「不動産投資ローンの審査に落ちないために、どうすればいいの?」

「審査に落ちた場合は、もう不動産のローンは組めないの?」

などのあなたの疑問や悩みをわかりやすく解決しますね。

最後まで読んで頂くことで、

✅不動産投資ローンの審査で落とされる人
✅ローン審査に落ちないための対策
✅ローン審査に落ちた場合は?

などが理解できますから、これから不動産運用に取り組もうと検討している方にも参考になります。

不動産投資ローンの審査で落とされる人

ローン審査で落とされる人のイメージ図

不動産投資ローンの審査で落とされるのはどんな人なの?

と心配な方に説明します。

不動産投資ローンの審査を通過するかしないかは、いずれにしても、「あなたの属性」「物件の収益性」となります。

ですから、通常は「物件の収益性」には問題が無くとも、「あなたの属性」、つまり、

✅仕事の業種・収入・勤務歴
✅個人的に問題はないか

ということが焦点となります。

不動産投資ローンの審査は、
「あなたの属性」に問題がない場合は、虚偽の申告をしない限り99%の確率で大丈夫です。

しかしながら、
個人情報に俗にいう「ブラック情報」がある場合は、100%に近い確率で審査通過は無理でしょう。

「ブラック情報」は、最低5年間は残ります。

・61日以上の返済・支払延滞
・自己破産
・債務整理
・クレジットカードの強制解約

などがあると「ブラック情報」として記録が残ると言われています。

また、光熱費や携帯電話料金の引き落としなどの「遅延」があると審査通過できない場合もありますので注意してくださいね。

ローン審査に落ちないための対策

ローンに落ちないための対策会議、イメージ図

不動産投資ローンの審査に落ちないためには、どうすればいいの?

という疑問をお持ちの方に説明します。

CIC、JICC、JBA(KSC)などの信用情報機関に照会することがおすすめです。

なぜなら、自分の個人記録は、
いつからのものなのか?
問題のある記録は無いか?
を確認できるからです。

そのうえで、審査に落ちないための対策を3つご紹介しますね。

虚偽の申請をしない

たとえ、ウソの申請をしたとしても審査の段階でばれてしまいます。

仮に、万が一ばれずに融資を受けられたとしても、後に虚偽がばれた場合には全額返済を求められることもあり得ますよ。

そのため、
スマホなどの「通信料金の支払延滞」というマイナス情報があったとしても正しい情報で申告しましょう。

実際に、船旅や訓練などの理由や証明書を添えることで、審査時に考慮してもらえた例もありますから…

短期間に複数の金融機関へ審査を出さない

短期間で複数の金融機関に「不動産投資ローンの申し込み」することは、

「あちこちに審査をかけているのは怪しいな」
「それだけ審査に落ちしているのでは?」

と怪しまれて、より審査を厳しくされる可能性があります。

「申し込み情報」は、基本的に6か月間記録されますから注意してくださいね。

ただし、仮審査は複数社に申し込んでも影響はありません。

ですから、
審査に不安がある人は、申し込み時点で複数社に申し込むという方法があります。

他のローンを利用しない

不動産投資ローンに通らない可能性があるからと、他のローンを利用して購入資金を繕うのはやってはいけない行為です。

なぜなら、
他の金融機関であったとしても、ローンを借りていることは簡単にわかるからです。

車のローンを含めて、別のローンを組んでいると返済比率に影響するため、さらに不動産投資ローンは通りにくくなってしまいますよ。

勉強することは、大事ですね。
今なら、Amazonギフト券20,000円がもらえます。

ローン審査に落ちた場合は?

審査に落ちた場合は、信用情報を回復する必要があるイメージ図

審査に落ちた場合は、もう不動産のローンは組めないの?

とお悩みの方に説明します。

1つの金融機関でローン審査に落ちたとしても、諦める必要はありません。

まずは、落ちた理由を正しく理解しましょう。

そして、審査に落ちないための3つの対策で的確に対処すれば、他の金融機関では審査が通る可能性は十分にありますよ。

それでも、審査に落ちた場合は、
ローン審査に通るレベルに信用情報の状態を回復する必要があります。

信用を回復するには、毎月のちょっとした料金でも確実に支払いを済ませることです。

例えば、
少額のクレジット、公共料金、通信・インターネット料金などをコツコツと時間をかけて、延滞なく支払って行くことが大切ですね。

 

なお、「不動産投資」の昔と今、そして将来について及び「不動産取得税」はいつまでに支払って、税金の軽減に興味がある方はこちらを参考にしてください。

『【不動産投資】今昔物語!失敗する理由を知って将来を予想』
『【不動産取得税】いつまでにいくら支払うのか?税の軽減も検討』

まとめ

今回は、

『【不動産投資ローン】審査で落とされる人とは?落ちない対策は?』

と題しまして、

「ローン審査で落とされるのはどんな人なの?」

「不動産投資ローンの審査に落ちないために、どうすればいいの?」

「審査に落ちた場合は、もう不動産のローンは組めないの?」

などのあなたの疑問や悩みに向けて、わかりやすく説明しました。

簡単にまとめてみますね。

ローン審査で落とされる人は、
「属性」に問題がある人でした。

個人情報に「ブラック情報」がある場合は、最低5年間は記録が残りますから、高い確率で審査通過は無理となることを説明しました。

不動産投資ローンの審査に落ちないためには、
まず、CIC、JICC、JBA(KSC)などの信用情報機関に照会することをおすすめしました。

そして、
・虚偽の申請をしない
・短期間に複数の金融機関へ審査を出さない
・他のローンを利用しない
という3つの対策をご紹介しました。

審査に落ちた場合は、
あなたの信用情報の回復が必要であり、回復するには、
毎月のちょっとした料金でも、確実に支払いを済ませることだと説明しました。

タイトルとURLをコピーしました