ウッドショックと住宅資材の値上がり!住宅価格は上昇するのか?今後は?

不動産関係
???
???

物価が上昇している現在、住宅価格も上がっているの?今後はどうなるの?

そもそも、ウッドショックとはなに?

など、あなたの疑問や悩みを現在不動産業界で勤務している私が解決します。

現在は、毎日のように物価の上昇や材料不足がテレビや新聞でも報道されていますね。

このような時だからこそ、
住宅資材高騰の原因を知り、現状を把握して、将来を見据える必要があります。

決して、安易に不動産関係の営業者からの言葉を真に受けて、便乗値上げした高額な住宅を購入してしまわない様にして欲しいと願うばかりです。

ウッドショックとはなに?3つの原因を探る

そもそも、
ウッドショックとはどういうことでしょうか?

「ウッドショック」とは、
1970年代に「オイルショック」という原油の供給逼迫および原油価格の高騰に伴い、世界経済全体が大きな混乱を招いたことを真似て名付けられた言葉です。

2021年3月頃から、住宅の柱や梁(はり)、土台などに使う木材の需給がひっ迫したことが原因で、
木材不足から価格が高騰していることを言います。

さらに、

収束の見通しがたたないコロナウイルス、ロシアのウクライナ侵攻、そして数十年ぶりの円安と物価は上昇し続けていますね。

これらの複合的な要因により、建設資材や住宅機器もやはり高騰しているのです。

「ウッドショック」の背景には、3つの大きな原因が考えられます。

建設資材の木材が減少

建設資材の元である木材が減少した原因には、森林大国のカナダで大規模な害虫被害が発生したことが根本にあります。

そこに、コロナ禍の影響を受け、労働者の減少により伐採が思うようにいかず、製材工場の稼働率は下がってしまいました。

そのため、家を建てるための「木材」自体の供給が減少したのです。

海外の建築ラッシュ

住宅ローンの低金利政策が取られたことで、
今のうちに住宅を持ちたいと考える人は増加しました。

特に、経済大国のアメリカや中国では、
コロナ禍の影響を受けた市民がリモートワークとなり、郊外に新しく住宅を購入する家族が急増しました。

そのため、世界的に需給バランスが大きく崩れることになります。

日本は輸入に頼っていますから、十分な量の輸入木材が入らなくなったのです。

運搬コンテナの不足

コロナ禍やロシアのウクライナ侵攻により、
世界的に流通が圧迫され、運搬するためのコンテナ不足が起きています。

そのため、木材も含めて日本へ物を運べない状況となってしまいました。

2021年3月にスエズ運河で大型コンテナ船の座礁事故が発生したことも、日本へのコンテナ輸送の遅れに追い打ちをかけているのです。

現在、住宅価格も上がっているのか?今後は?

結論から述べますと、住宅価格は上がっています。

なぜなら、
「木材」の供給減少やコンテナ不足に拍車をかけて、銅やアルミニウムなど原材料費の高騰により住宅の材料価格が上昇しているからです。

住宅の材料価格の具体例

住宅の材料価格が上昇しているのはわかったけど、住宅価格はどれくらい上がるの?

という疑問がわくことでしょう。

例えば、

LIXILの主要商品の値上げ率ですが、最大で
住宅用サッシが10%程度、トイレが33%程度、ユニットバスルーム39%程度、キッチン11%程度となっています。

リンナイは、給湯機器や食器洗い乾燥機など10%の値上げです。

ですから、
値上げしたメーカーの製品を採用した場合、

✅水回りのリフォームだけの場合15万円程度
✅新築一戸建ての場合30万円程度

の工事費アップは見積もられています。

今後も住宅価格は上昇するのか?

現在は、コロナ禍やロシアのウクライナ侵攻の影響をモロに受けていますから、住宅価格が上昇しているのは理解できたと思います。

では、
現在以降も住宅価格は上昇を続けるのでしょうか?

先ほど、LIXILやリンナイの主要商品の価格が急上昇していることを紹介しましたが、値上げ額だけを見ると新築一戸建ての場合では、建物本体工事費の約2%程度です。

そのため、住宅価格の影響は少ないように思えます。

しかしながら、
コロナの終息は未知数ですし、ウクライナ侵攻の影響はしばらく続きそうです。

そのため、住宅購入を検討しようとしていた方は、今後も物価の上昇や建設業界の動向を気に留めていく必要があります。

そして、

不動産業界からの不必要なあおりや勧誘に惑わされないようにしてください。

まとめ

木に彫刻された、ひげの顔

今回は、

『ウッドショックと住宅資材の値上がり!住宅価格は上昇するのか?今後は?』

と題しまして、

・ウッドショックとはなに?3つの原因を探る
・現在、住宅価格も上がっているのか?今後は?

などの疑問や悩みに向けて説明しました。

「ウッドショック」とは、
住宅の柱や梁(はり)、土台などに使う木材の需給がひっ迫したことが原因で、
木材の不足から価格が高騰していることでした。

「ウッドショック」の背景には、

・建設資材の木材が減少
・海外の建築ラッシュ
・運搬コンテナの不足

の3つの原因があり、内容を説明しました。

現在、住宅価格も上がっているのか?という疑問には、
住宅価格は上がっています
と回答しました。

今後も住宅価格は上昇するのか?では、
サッシ、トイレ、ユニットバスなど主要商品の価格が急上昇していることを紹介しました。

新築一戸建ての場合では、建物本体工事費の約2%程度で、
住宅価格は上昇するけれど影響はそれほど大きくは無いと説明しました。

しかしながら、
コロナの終息は未知数ですし、ウクライナ侵攻の影響はしばらく続きそうなので、

「不動産業界からの不必要なあおりや勧誘に惑わされないようにしてください」

と締めました。

タイトルとURLをコピーしました