「Redmi Watch 2 Lite」の評価!メリット・デメリット

redmi watch 2 liteの評価について!メリットとデメリットを感想スマートウォッチ

数あるスマートウォッチの中でも、
機能が豊富でありながら、何より価格が手ごろと大人気の『Redmi Watch 2 Lite』

ただ、中国製であるがゆえに、

「Redmi Watch 2 Liteのメリット・デメリットを知りたい」

と思うあなたに、実際に購入して確認しましたので紹介します。

私なりの評価とメリット・デメリットを解説しますので、スマートウォッチの購入の際、背中を押すことになれば嬉しい限りです。

「Redmi Watch 2 Lite」の評価

まずは、「Redmi Watch 2 Lite」の全体的な評価です。

・価格:★★★★★
・機能:★★★★
・デザイン:★★★★
・使いやすさ:★★★★
・GPS通信:★★★★

<合計評価 4.5>

『Redmi Watch 2 Lite』は、
2021年2月に発売された「Mi Watch Lite」の後継モデルとなります。

液晶ディスプレイは、1.55インチに大型化され、大幅に見やすさが向上しています。

「健康管理」に関しては、血中酸素の計測に対応しています。

また、ワークアウトモードは、11種種類から100種以上に増強され、100種以上のウォッチフェイスも用意されています。

他にも、GPSセンサー内蔵されてますし、
通常使用で10日間駆動できるバッテリーも搭載されています。

これほどの機能を持ちながら、
価格は8,000円台ですからおすすめしたくなるわけです。

それでは、
「Redmi Watch 2 Lite」のメリットとデメリットについて詳細を紹介します。

「Redmi Watch 2 Lite」8つのメリット

「Redmi Watch 2 Lite」の

・見やすいフェイス画面
・ウォッチフェイスは100種類以上
・「健康管理」の計測や確認が可能
・フィットネスモードは100種以上に対応
・バッテリーは約10日間駆動
・4つのGPSに対応
・Bluetooth 5.0に対応
・5気圧防水に対応

以上、8つのメリットを紹介しますね。

見やすいフェイス画面

「Redmi Watch 2 Lite」は、
1.55インチで解像度320×360ドットのTFTスクリーンを搭載しています。

画面比率は、前の「Mi Watch Lite」より10%増加しています。

ピクセル密度は、311ppiと色鮮やかな液晶になりました。

ウォッチフェイスは100種類以上

「Redmi Watch 2 Lite」は、
100種類以上のウォッチフェイスを用意されています。

そのため、その日の気分に合わせて変更できますね。

「健康管理」の計測や確認が可能

「Redmi Watch 2 Lite」は、
血中酸素レベル(%)、ストレスレベルなどの計測にも対応しています。

・心拍数
・歩数
・睡眠の質
・ストレス
・スタンディング
・最大酸素摂取量
・血中酸素濃度
・回復/消費エネルギー
・PAI
・生理周期

なお、測定した数値は、
「Redmi Watch 2 Lite」本体で確認することができます。

「Redmi Watch 2 Lite」本体で確認した心拍数の例

上図は心拍数の例ですが、さらに、
スマホアプリ『Mi Fitness』では、
1時間、1日、1週間、1ヶ月単位のグラフとして確認することもできます。

「ワークアウト」モードは100種以上に対応

「Redmi Watch 2 Lite」は、
下記の様に100種以上の「ワークアウト(フィットネス)」モードに対応しています。

「Redmi Watch 2 Lite」本体で確認した「屋外ランニング」の例

・屋外ランニング
・ウォーキング
・トレッドミル
・トレッキング
・トレイルラン
・屋外サイクリング
・屋内サイクリング
・フリースタイル
・プールスイミング
・オープンウォーター
・エリプティカル
・ヨガ
・ローイングマシン
・縄跳び
・ハイキング
・HIIT
・トライアスロンなど

50~60種類のスポーツモードを搭載している製品は数ありますが、この価格で100種以上に対応しているタイプは稀です。

バッテリーは約10日間駆動

約1時間ちょいで10日間駆動できる262mAhバッテリーを搭載しています。

実際に、ほぼ初期設定の状態で
トラッキングや健康モニタリングの測定間隔は30分に設定し、GPSやBluetoothはOFFの状態で使用しました。

すると、
バッテリーの減りは一日に5~10%で、満充電で約10日間持ちました。

しかし、
「ワークアウト」でウオーキングや屋外ランニングなどをするためにGPS機能を使用したり、スマホアプリとBluetooth通信したりしました。

すると約4日目には残り17%となりました。

なお、磁気(マグネット)充電にも対応しています。

4つのGPSに対応

・米国のGPS
・ロシアのGLONASS
・欧州のGalileo
・中国のBeiDou

という4ヵ国の測位衛星に対応しています。

GPSをONにすることで距離やペース、経路なども計測できます。

『Xiaomi Redmi Watch 2 Lite』では、
地図表示できませんが、スマホアプリ『Mi Fitness』で確認できます。

『Mi Fitness』で確認で確認GPSランニングの地図

『Xiaomi Redmi Watch 2 Lite』で
実際に「屋外ランニング」したレビューはこちらです。

『【レビュー】GPS機能付スマートウォッチでランニングした感想』

Bluetooth 5.0に対応

「Bluetooth 5.0」に対応していますから、
スマートフォンやワイヤレスイヤホンなどとも簡単、スムーズに接続できます。

5気圧防水に対応

5気圧防水に対応していますから、日常のシャワーやプールでも使用できます。

手洗い時に時計ごと洗っても大丈夫です。

その他、ベルトの交換も簡単

その他にも、「Redmi Watch 2 Lite」はベルトの交換が簡単だというメリットもあります。

事実、ボタンを押して引き抜くだけで取り外しができますから…

ベルトの交換に興味がある方はこちらを参考にしてください。
『【超簡単】Redmi Watch 2 Liteのベルト交換方法と種類』

「Redmi Watch 2 Lite」4つのデメリット

「Redmi Watch 2 Lite」の

・レスポンスが遅い
・電子マネー決済に対応していない
・急速充電に対応していない
・LINE通知やLINE電話の不具合

以上、4つのデメリットについて紹介します。

レスポンスが遅い

手首を持ち上げて画面を向けると表示されますが、表示されるまで1秒弱かかります。

スライド操作の遅延もやや感じられるため
「もう少しレスポンスが早ければ…」
と思いました。

電子マネー決済に対応していない

Suica電子マネー決済に対応していません!

そもそも、1万円以下のスマートウォッチで電子マネー決済に対応している製品はありませんからね。

急速充電に対応していない

急速充電に対応していません!

1時間30分あればほぼフル充電できますが、
わずか5分の充電で約1日使用できるタイプの製品が出てきていますから、次の「Redmi Watch 3」?では対応して欲しいと思います。

LINE通知やLINE電話の不具合

スマホアプリの設定により「Line通知」は来たり来なかったりします。

設定していても
「Line通知が来ない」という場合もあるようです。

LINEに関する記事はこちらをご確認ください。
『【LINE通知】来ない理由と解決方法!Xiaomiスマートウォッチ』

また、Line電話はできません!

LINE電話は、「Redmi Watch 2 Lite」に限らず、LINE側とスマートウォッチ間の仕様のようです。

まとめ

今回は、

『「Redmi Watch 2 Lite」の評価!メリット・デメリット』

と題しまして、

『Xiaomi Redmi Watch 2 Lite』

という、価格が1万円以下の機能満載のスマートウォッチを紹介しました。

「Redmi Watch 2 Lite」の8つのメリットは、次のとおりでした。

・見やすいフェイス画面
・ウォッチフェイスは100種類以上
・「健康管理」の計測や確認が可能
・フィットネスモードは100種以上に対応
・バッテリーは約10日間駆動
・4つのGPSに対応
・Bluetooth 5.0に対応
・5気圧防水に対応

そして、
「Redmi Watch 2 Lite」の4つのデメリットは、次のとおりでした。

・レスポンスが遅い
・電子マネー決済に対応していない
・急速充電に対応していない
・LINE通知やLINE電話の不具合

以上ですが、「Redmi Watch 2 Lite」
スマートウォッチの購入で迷っている方に、1万円以下で4つのGPSやバッテリーが10日間も持続できるおすすめの製品です。

タイトルとURLをコピーしました