【お金・仕事・恋愛】運のいい人は、どのような習慣をしているのか?

おすすめ

 

お金・仕事・恋愛運のいい人と悪い人の違いは何?

運のいい人は、どのような習慣をしているの?

「お金・仕事・恋愛運のいい人と悪い人の違いは何?」

「運のいい人は、どのような習慣をしているのか?」

と思われる人はいるでしょう!

その様に思われる人に対して、

『お金・仕事・恋愛運が上がる!運のいい人のシンプルな習慣』

著者:能力開発研究会 を読んだ感想を説明します。

ネタバレにはなりますが、著書の中には例え話も多くあり実際に読んだり、
オーディオブックで聞いたりした場合は、
また、違った感想を持たれることでしょうから、あえて書かせて頂きます。

【お金・仕事・恋愛】 運のいい人は、どのような習慣をしているのか?

「運」とは?

「運」とは、
いったいどのような事なのでしょうか?

著者は、「運とは、努力しなくとも、希望が叶ったこと」
と定義しています。

そして、
「運が良いとは、自分がこうありたいと思う事が実現すること」であり、
自分で運が良いと思っていても、
他人から見ると運が良いとは思われないこともある
と書いています。

逆な言い方をすると、

「運が悪い」わけではない、
自分がそう思っているだけだ
とも書いています。

自分でこうありたいと努力して、
それを得た場合は運が良いとは言いません!
なぜなら、
「運とは、努力しなくとも、希望が叶ったこと」
だからです。

幸運は、周りの人が運んでくれる!と書いています。

確かに、
利益を考えないで、自分を捨ててでも他人のために行動したときなどは、
いつの間にか、周りの人が運を運んでくれたことを私も経験しています。

created by Rinker
¥2,500(2022/10/06 11:24:47時点 Amazon調べ-詳細)

「ストレス」とは?

著者は、ストレスについても書いています。

「ストレス」とは、

「理想があり、自分がしたい事があるのに出来ないジレンマのこと」
だと書いています。

では、どうすればいいのでしょうか?

解決法は簡単だと書いており、

「〇〇したい」自分がいて、「〇〇」できないわけなので、
「〇〇」すれば、そのストレスは解消されると!

簡単に「〇〇」できないからストレスを感じるのであって、
簡単に「〇〇」できれば、ストレスを感じる必要は無いわけです。

自分のしたいことができなくてストレスをためるのであれば、多少のものを犠牲にしてでも、
したいことをやった方が良いと、著者は自分の大失態例を上げて、進めています。

運のいい人はどのような習慣をしているのか?

・ネガティブな考えを捨て、ポジティブに考えよう

電車に乗ろうとしたときに、ホームに着く寸前に電車が出てしまった場合、
「あー、運がない」とネガティブにならないで、
「ラッキー、この空いた時間に本が読める!」
とかポジティブに考えることを積み重ねましょう。

・自分を褒めよう

何の理想も無く、その日その日を適当に生きている人には、
ストレスはやって来ないわけですから、
逆に、理想を持っている自分は素晴らしい
ストレスを受けた自分を褒めてあげましょう。

・子供のような楽天性と好奇心を持とう

直木賞作家の奥田英朗氏の小説に登場する主人公の「医学博士・伊良部一郎」を例に上げて、
彼は、医学博士なのに積極的に患者を助けようとはせず、
自分の興味を優先させるというユニークさから、
ストレスをかかえた患者たちは、何だか自分の悩みがバカバカしく思えるのです。
常識にとらわれない自由な発想は、心を軽くすることでしょう。

・何かをしようとする「勇気」と「行動力」を持とう

前例がないとすべてにおいて不安なものです。
大リーグに行って大活躍した「野茂秀樹」さんを例に上げて、
その当時、「野茂は通用しない」というマスコミの論調もあり、
プレッシャーと周囲の理解が得られない大リーグへの挑戦は、
想像を絶する自己との戦いがあったことでしょう。
自分の殻を破るための「勇気」と「行動力」は、
幸運をつかむために欠くことができないメソッドのひとつであることは
確かなことです。

最後に

今回は、

お金・仕事・恋愛運のいい人と悪い人の違いは何?

運のいい人は、どのような習慣をしているのか?

と思われる人に対して、

『お金・仕事・恋愛運が上がる!運のいい人のシンプルな習慣』

を読んだ感想を説明しました。

・「運」とは?
・「ストレス」とは?
・運のいい人はどのような習慣をしているのか?

という内容で書いてみましたが、

結局のところ、

運がいい人は自信を持って、前向きに行動している!

つまり、
日ごろからポジティブに物事を考える人は、運をつかみやすい!

と言えるということです!

今を元気よく、
ポジティブに生きていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました